So-net無料ブログ作成
防犯グッズ ブログトップ

防犯グッズではない防犯 [防犯グッズ]

防犯グッズではない防犯

防犯グッズは目的別に買うとより効果が得られます。

また、防犯グッズに含まれないものでも

防犯の役割を果たすものがあります。

たとえば、不審者が近所に出没したり、

ストーカーがいたりする場合は、

催涙スプレーは有効な手段です。

警察に相談することももちろんですが、こういう場合は、

デジカメが役に立つこともあります。

暴漢と対峙し、撃退したとき、

携帯電話で写真を撮る手もありますが、

画素数が低いとあまり鮮明には写りません。

デジカメは画素数も多く、くっきりと写せますので、

電源を入れておけばすぐに使えるのです。

また、一人暮らしの女性の場合、

男性用の下着を外に干すという方法があります。

一般に販売されているものでも、

防犯になるとされれば、立派な防犯グッズになるのです。

外で飼う犬もそうです。

まずは身近なもので、役立ちそうなものを探してみませんか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

防犯グッズ危険性 [防犯グッズ]

危険性を伴う防犯グッズ

防犯グッズは犯罪防止に役立てるためのものです。

しかし、逆に犯罪に使われるものもあります。

有名なところで言うと、スタンガンです。

スタンガンは電気ショックによって暴漢を撃退するものですが、

逆に暴漢や犯罪者がスタンガンを使う事件もあります。

普通の店では購入できないものですが、

インターネットを通じて手に入れ、誘拐、

暴行に使われるケースが多発しています。

また、催涙スプレーも使われます。

銀行強盗や強盗が、追いかけてくる相手や、

ターゲットをひるませるために使用します。

催涙スプレーもやはり、

インターネットを通じて簡単に手にはいる者です。

もし、スタンガンや催涙スプレーを防犯グッズとして考えるのなら、

本当に必要なのか検討するのが望ましいでしょう。

防犯グッズの中でも、ブザーなどは犯罪に使われませんので、

携帯しても問題はないでしょう。

防犯グッズの溢れる世の中ですが、

できることなら頼らない世の中になってほしいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

防犯グッズ 相場 [防犯グッズ]

防犯グッズ、価格の相場

防犯グッズは種類も豊富で、たくさんあるのですが、

値段も種類も知らない人が多いのが現状です。

では、防犯グッズはどのくらいするのでしょうか。

たとえば防犯カメラです。

防犯カメラの種類も様々で、企業向けなら10万円以上します。

家庭用であれば1万円程度ですが、プラス維持費がかかります。

また、これはカメラだけの値段ですので、

録画用の装置や家で診るためのシステムを含めると

4~5万を超えるでしょう。


次はブザーです。

こちらは防犯カメラより安く、携帯タイプなら1000円前後です。

ただし、インターフォンに取り付けるタイプや、

家で操作できるタイプは3万円を超えるものがあります。

最後は催涙スプレーです。

催涙スプレーはそれほど値段に上下差がなく、

大体2000円前後が相場です。

高額なものもありますが、それは特殊なものだけです。

他にも防犯グッズはたくさんありますが、

価格帯があまり存在しないものが多いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

変わった防犯グッズ [防犯グッズ]

防犯グッズ、変わりだね

最近の防犯グッズには変わったものも登場しています。

もちろん、家庭で使用できるものもあります。

まずはセンサーライトです。

センサーライトは、決まった位置に人や車が通ると

自動的にライトが点灯します。

たとえば夜道で車庫の前を通るとライトが灯ったりと、

突然のことに驚いたことがある人もいるでしょう。

次は防犯カメラのダミーです。

防犯カメラのように映像を映し出すわけではないのですが、

設置してあるだけで、不審者に警戒心を抱かせます。

作りは本物そっくりですので、外さなければ

偽者とはわかりません。

そしてピッキング防止錠です。

これは錠前につける防犯グッズで、ピッキングした際の

特殊な音を感知するとブザー音を鳴らします。

他にも割れにくい窓ガラス用のフィルムなどがあります。

防犯グッズをDIYなどでたくさん見ることはありませんが、

ネットで検索するとたくさんあることが分かります。

見るだけでも参考になるので、検索してみるのもいいでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

防犯グッズとしての催涙スプレー [防犯グッズ]

防犯グッズとしての催涙スプレー

防犯グッズは実に様々な種類がありますが、

催涙スプレーを思いつく人もいるでしょう。

防犯スプレーの大半が催涙スプレーです。

催涙スプレーはスプレーを相手に噴射することで、

相手に涙を流させます。

そして相手の力が抜けた瞬間に

逃げられるようにする防犯グッズです。

使い方を間違えると、相手が失明する恐れもありますが、

殺傷力はありません。

元々、第一次世界大戦後に、クロロアセトフェノンか、強力で、

毒性の少ないクロロベンジリデンマロノニトリル、

唐辛子スプレーを主成分として作られました。

どれも涙を流す効果があり、唐辛子スプレーは

ひりひりするのも特徴です。

種類も、スプレー缶から噴射するタイプと、水鉄砲のように

一直線に出るタイプ、ムース状の泡タイプがあります。

どれも特徴があり、霧状は命中率は高いけれど

風の影響を受けやすい、水鉄砲は命中率が低いが

風の影響を受けにくい、泡状は片づけしやすいが、

命中率は低く、風の影響を受けやすいちうものです。

防犯グッズで催涙スプレーを考えるなら、

こういった特徴を捉えて選ぶといいでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

防犯グッズとしてのスタンガン [防犯グッズ]

防犯グッズとしてのスタンガン

防犯グッズは多数ありますが、中には場合によって、

法に触れかねないものもあります。

たとえばスタンガンは、被害者ばかりではなく、

加害者も使うことがあります。

スタンガンは強力な電気ショックを相手に与えることで、

命を奪うことはないものの、力を奪うことは可能です。

一般的なものは、リモコンのような形状で、

先端に金属が2つついており、その間に電気を流すというものです。

金属の間を相手の体に当て、電気ショックを与えるというものです。

他にも警棒タイプや遠くの相手に効果をもたらす

テイザー銃というものがありますが、これは日本にはありません。

どれも殺傷力はないのですが、相手に苦痛を与えるのは確かです。

しかし、乳幼児やお年寄り、体力がない人は

心臓麻痺を起こす場合もあります。

そのために、誘拐などの目的で使用する

犯罪者が増えているのです。

スタンガンのように危険をおかすグッズを選ぶよりは、

違法性のないグッズを選んだほうが身のためでしょう。

防犯ブザーを携帯する [防犯グッズ]

防犯グッズ、防犯ブザーを携帯する

防犯グッズの元々の目的は、暴漢の撃退です。

そのために攻撃的なものも開発されましたが、日本では
どちらかというと、追い払うことをメインにしたものが多いです。

たとえば防犯ブザーです。

防犯ブザーは携帯電話のストラップほどの大きさをしており、
持ち運びに便利なのが特徴です。

使い方も簡単で、ただボタンを押したり、
栓を引き抜くだけで、大音量を発します。

そのため、最近では小学生がランドセルに
つけているのをよく見かけます。

ブザー音を聞いた人がかけつければ、それだけで防犯につながります。

よって、自治体や学校によっては、小さな子どもが防犯ブザーを
携帯することを義務化していることも珍しくありません。

小さなうちから防犯グッズを携帯するというのは
違和感があるかもしれませんが、時代なのかもしれません。

ただし、音が鳴るだけの防犯グッズですので、
音が鳴ったら周囲の大人が協力しなければなりません。

誰もかけつけないのでは、防犯の意味を成さないのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

カメラにおける問題 [防犯グッズ]

防犯グッズ、カメラにおける問題

防犯グッズを知らない人は、今やどこにもいないでしょう。

特に防犯カメラは有名です。

都心の場合は、上を見ると街頭で防犯カメラを
見かけたことがあるでしょう。

今までは、ビルなどの建物の中で、カメラがある、
程度でしたが、最近は違います。

東京などの大都市に鳴ると、必ず白い覆いに囲われた防犯カメラが、
街灯や電柱などにつけられているのです。

防犯カメラは防犯対策ですから、防犯グッズといえるでしょう。

しかし、プライバシーの問題は避けて通れません。

問題視する人の意見は「防犯のためなら日常を
覗き見してもいいのか」ということです。

確かに監視されていると感じる人がいるのなら、
それは防犯とはいえないのかもしれません。

ところが、イギリスでは防犯カメラの設置によって、
犯罪が軽減されたという統計も出ているのです。

どこからどこまでが許容範囲なのか、プライバシーと
防犯の共存が必要なのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

カメラに対する需要 [防犯グッズ]

防犯グッズ、カメラに対する需要

何かしらの防犯グッズを持っている人は多いでしょう。

たとえば、外出時の施錠も防犯の1つです。

防犯カメラは今や見かけないことはないくらい
普及しています。

なぜなら、個人所有もありますが、企業、
建築物に設置されているからです。

ですが、個人で所有し、家庭に備え付けているという
パターンは少ないでしょう。

犯罪が増えていても、日本の場合、家の近くで大きな
事件でもない限り、あまり必要性を感じないのかもしれません。

しかし、企業単位の場合は、ついていないほうが珍しいでしょう。
企業は大きな財産を所有しています。

この財産を失うことは倒産へとつながり、
雇用者も路頭に迷うことになります。

つまり企業の財産=人の命でもあるのです。

その命を守るために防犯グッズを取り入れるのは、
ごく当たり前のことなのです。

防犯カメラの種類も様々ですが、企業にとっては
重要な防犯対策の一環といえるでしょう。

防犯グッズとは [防犯グッズ]

防犯グッズとは

防犯対策を気にする人が増えるにつれ、
防犯グッズも数多く販売されるようになりました。

しかし、数がありすぎて何がいいのか分からない、
という人のために、少し紹介します。

防犯グッズには2つのジャンルがあります。

1つは携帯用、もう1つは備え付け用です。

携帯するものは、催涙スプレーやカラースプレーが有名でしょう。

他にもスタンガンといった、相手を攻撃するものもあります。

警棒もありますが、これは一般の人にはなじみがありませんので、
特に頭に入れなくても良いでしょう。

そして備え付けようですが、防犯カメラが代表例です。

防犯カメラは作動していなくても、備え付けてあるだけでも
効果があります。

他に、アラーム、センサー、錠なども備え付けられる防犯グッズです。

一般的に知られているものだけをあげましたが、
同じ防犯カメラやカラースプレーでも、細かく分類できます。

見かけたことがあるものばかりですので、
見かけたら防犯対策を意識してみるといいでしょう。
防犯グッズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。